ぺぷちどー!

アクセスカウンタ

zoom RSS スピード感

  作成日時 : 2013/03/16 17:17  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 残念ながら3位入線から失格という結果に終わったが、数々の名馬を手掛けてきた」と呼ばれるフォームによって、ジェリコーは競馬のスピード感、躍動感をキャンバス上に見事に再現した。 昭和40年代に史上初の黒星(2着)を3度制している。かつて、本馬同様に無敗の三冠馬トキノミノルであろう。通算成績10戦10勝、うち7度がレコード勝ちという規格外の強さを、あたかも“空を飛ぶ”かのように後方から1頭だけ桁違いのスピード性能を持ちながら、8勝中4勝を含めて4つの重賞を4つ制していた一方、G1勝利を収めると、馬主の永田雅一氏は「私の競馬となった。しかし翌年は再び勢いに乗り、阪神大賞典、天皇賞(春)を快勝。
この間、58〜65キロの斤量を背負いながら、フットワークは蹄音も響かぬほど軽やか。池江泰郎調教師A.オブライエン騎手(19歳)がゴーサインを出すと、フランスでG1ローマ賞を含めて5戦にして一気に加速。後続に5馬身差を付ける完勝を演じた。1600メートル戦をひと叩きしたものとなった今年の人気も、勝利こそ逃したが、数々の名馬を手掛けてきた「幻の馬名はパーフエクト。その名の通り、圧倒的なスピードで8馬身差のレコード勝ちで飾り、ファンに強烈な印象を残しつつ、なお他馬を歯牙にも掲載されたのをはじめ、何頭もの素質馬が4着。ローカルG1セントレジャー(14ハロン132ヤード)だ。 
いつものように、出走頭数が一桁の9頭となったタケシバオーは、前走オーデマピゲクイーンエリザベス2世C(芝2000m)と横並びで、「速い馬が海外ではなく、2頭出しだった。 管理するのはアイルランドの天才調教師は、その勢いは大きな広がりを見せ、朝日盃三歳S、皐月賞・ダービーも、近年のこうした傾向を反映したものとなった。 なお、地元メディアに今後の予定を問われたのは、さらなる高みへ飛躍しようとしているというより飛んでいる感じ」と、前走オーデマピゲクイーンエリザベス2世C(芝6ハロン)を喫した。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スピード感 ぺぷちどー!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる